湘南窒化工業へ 湘南窒化工業_会社情報 湘南窒化工業_事業部説明 湘南窒化工業_製品説明 湘南窒化工業_工場案内 湘南窒化工業_お問い合わせ
ガス軟窒化処理
ガス軟窒化処理は「アンモニアガス+N2+CO2」の雰囲気中で560〜580℃に2〜5時間加熱保持し短時間で効果的な窒化処理を行うものであります。(M).(C)を同時に浸入拡散させる方法で正確にはガス浸炭窒化と呼ばれるが、処理温度が570℃と低い為(C)の浸入が少なく(N)の浸入による窒化効果が大きい。
迚ケ髟キ
●鋼種を問わない ⇒普通鋼SS,SPC,S35C,他
  ⇒特殊鋼S45C,SCM,SNCM,SACM645,SUS304,SUS403,FC,FCD,他
●処理温度が低く歪みが少ない
●窒化ムラが少なく表面の膚荒れが無い
●処理時間が短い 5〜10時間
●窒化防止が出来る
●耐蝕性の向上、窒化層表面に生成する化合物層が綴密であり、ポーラスを生成しにくいため一層の耐蝕性の向上が行われる
ガス軟窒化処理諸元の場合
a 表面硬度 Hv700〜800
b 深さ (全硬化層) 0.05〜0.3mm
c 処理時間 2〜5Hr
d 納期 2日間
e 寸法変化 極小10μ以内
f 窒化防止 出来る
g 窒化後加工 不要
h 処理費用 安い
i 処理寸法 大型品の処理が可能
長尺物 600φ×6000L
大口径物 1300φ×1800L
j 塩水噴霧試験
処理及び材質 処理の厚み 1h 5h 10h 15h 20h 30h 40h 50h
無処理   × × × × × × ×
黒染め処理   × × × × × ×
焼入.焼戻SUS420J2   × × × × ×
黄銅棒   × ×
硬質クロームメッキ 20μ × ×
ガス軟窒化処理 化合物層 15μ
ガス軟窒化処理 化合物層 25μ

ガス軟窒化処理法について
処理工程
受入検査 目視検査 打ち傷、クラック
重量
洗浄 油脂、その他汚れの除去
治具セット 処理品を治具にセットする
ガス軟窒化処理 処理条件570℃×2〜6時間
冷却 炉冷
検査 ・目視検査⇒打ち傷、クラック、膚荒れ等
・硬度検査⇒表面硬度(マイクロヴィッカース硬度計、ハードネスター)
繝偵・繝医ヱ繧ソ繝シ繝ウ蝗ウ

処理時間
通常2〜5時間処理
*要求窒化深さにより、処理時間を10時間まで調整することが出来る。

硬化層の規格
ガス軟窒化処理では、JIS等公的な規格は無いため各処理品ごとに、硬度、硬化層深さ等について打合せを行う。
ガス軟窒化処理の硬度分布
ガス軟窒化処理の硬度分布
<<マルチナイト <<ガス窒化処理 <<ガス軟窒化処理 <<チタナイト処理 <<TOPへ